猫にとって有害な食品一覧

猫コラム

猫にとって有害な食品

人間は美味しく食べれても猫にとっては毒になる有害な食品をご紹介します。

可愛いからと何でも与えるのは良くありません!


 

●チョコレート、ココア

チョコレートやココアに含まれるテオブロミンという物質が有害。

この物質は分解できず嘔吐や下痢の原因となり、最悪の場合は命を落とすこともあります。

●レーズン

嘔吐や下痢、急性腎不全、最悪の場合は死亡することもあります。

●玉ねぎ、ニラ、にんにく、長ネギ

ネギ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドという物質が赤血球を破壊し溶血性貧血の原因になります。

●キシリトール

少量でも低血糖を起こし死に至ることもあります。

●エビ・カニ・貝類・イカ・タコ

あまり消化に良くありません。

特に生のイカ、貝はビタミンB1欠乏症を招き、腰が抜けてしまいます。

またアワビの内臓は日光性皮膚炎を引き起こし最悪の場合耳が落ちてしまいます。

●人間のサプリメント

人間用として作られているものです。

猫と人間では体の大きさがあまりにも違いすぎます。

水溶性ビタミンはおしっことして対外に排出されますが
脂溶性ビタミンは体内に蓄積されてしまい各種の過剰症を引き起こします。

サプリメントは必ず猫用を!

●ケーキ、クッキー、アイスなど

人間様のものは猫にとって糖分、脂質が多すぎます。

稀に虫歯の原因にもなります。

●加工食品

人間用の練り物は塩分が高すぎます。

塩分の多量摂取は腎臓や泌尿器系のトラブルを誘発するため欲しがっても与えてはいけません。

●アルコール

猫にとっては有害になります。面白半分で与えるのは虐待です。

●牛乳

よくドラマなどで猫に牛乳をあげるシーンを目にしますが、人間用の牛乳は脂肪分が高いためカロリーが高くまた牛乳中に含まれる乳糖を分解する酵素を持たない猫もいますので下痢を起こしやすくなります。

与えるならペットショップなどに売っている猫用ミルクにしましょう。

●卵白

生の卵白に含まれるアビシンが皮膚炎の原因となると言われています。加熱すれば害はありません。

●アボカド

アボカドに含まれるペルシンという物質が中毒を引き起こします。

●スモモ

未成熟の果実、種子の中身を誤食すると呼吸困難、痙攣を起こすことがあります。

●里芋

茎などにシュウ酸カルシウムの結晶が含まれているため、誤食すると口内炎、舌炎、よだれ、皮膚炎などを引き起こします。

●ジャガイモの芽

芽に含まれるソラニンが体調不良を招きます。大量摂取での人間の死亡例もあります。

●大量のレバー

少量では異常はきたしませんがレバーには脂溶性であるビタミンAには過剰症があります。

●梅

種子の大量摂取が最も危険。喉に詰まらせ窒息の恐れもあります。

●あんず

未成熟な種子や果実の中のアミグダリンという成分が体調不良を招きます。

また梅同様に種類は窒息の原因になります。

●トマト

芽や葉を誤食すると、嘔吐、腹痛、血便、下痢、めまい、口内の乾燥、呼吸困難などをひきおこすことがあります。

●なす

トマト同様実よりも芽や葉を誤食すると嘔吐、腹部の痛み、血便、下痢、めまい、口内の乾燥、呼吸困難などをひきおこすことがあります。

●カビの生えた食品

カビの生えたものには、真菌類が作り出す毒素マイコトキシンが含まれている危険性があります。

アフラトキシン、デオキシニバレノール、ペニトレムAなど。


 

また猫が食べても問題のない食品でも人間用の味付けがされているものは基本的にNGです。

可愛い愛猫のためにも覚えておきましょう!

→合わせて読みたい 猫の誤飲について、その危険性と対処法


ペット(猫) ブログランキングへ