妊娠後期、頻繁に感じるお腹の張り

妊娠・妊活・子育て

子宮頸管が少し短いと指摘され張り止め(ルテオニン)が

処方されて1週間が経った頃の夜23時

お腹がカチカチに張る感じが1時間に5〜6回感じました。

間隔はバラバラで張ってる時間も短かったり5分ほど続いたり

その日はそのまま休みましたが翌日も1時間に5回ほど張りを感じたので

念のため病院に電話をしてみました。

 

朝の6時半頃だったのでそのまま診察時間まで待って来てくださいと言われるかと思いきや

今すぐ来てくださいとのこと。そこまで緊急事態だとは思ってなかったので焦りました。

 

病院に着くとまず救急で血圧、熱、点滴が行われ

(点滴いる?と思いました笑)

しばらく経ってから車椅子で産婦人科に連れて行かれました。

産婦人科ではNST(ノンストレステスト)を40分ほどつけ放置。

NSTの結果を見た先生が一言

「今すぐ MFICU(母子集中治療室)に入院してもらいます」

 

( ;´Д`)!

そこまで大事になるとは思っていなかったのでかなりびっくり!

子宮頸管は変わらず2.8㎜だったのですが張りが陣痛並みに頻繁だったので

リトドリンという張り止めの点滴を24時間投与することになり安静生活がスタートしました。

 

次は切迫早産の入院生活について詳しく書こうと思います。