メルカリの返品について|最新版完全ガイド



「説明を読まないあなたが悪いです」
「ノークレームノーリターンて書きましたよ?」
こんなことを出品者側から言われ、
メルカリで返品できないと困り果てていませんか?

以前、私も同じ状況になりましたが、返品できました。

結論から申し上げて、メルカリは
100%返品できますので安心してください^^

メルカリの返品方法をご紹介します。

注)評価してしまった後では、ご紹介する対応は難しいため
メルカリ事務局に問い合わせることをお勧めします。
※消費者センターは個人売買のトラブルは対応してません。もし、相手が企業であれば対応してくれるので相談しましょう。

メルカリで返品ができる理由

メルカリで返品できる理由は
評価しない限り、出品者に売上金額が入らないルールだからです。

売上金額が入らないのであれば、出品者側は待てばよいのですが
実はメルカリの規約には

「365日経っても売上申請しないと、その売上はメルカリが没収する」という規約があります。

なので、出品者側からすると1年以内に評価されなければ
自動で売上が消えてしまうので、結果タダで商品を渡したことになります。

このことを知らない購入者が多いので泣き寝入りされる方が多いのですが、
このことを説明すると99%返品に応じてくれるので、もう大丈夫です。

スポンサーリンク

それでも返品を断られた場合

私の場合、破れている財布をメルカリで購入した際
破れに関しては説明も一切なかったので返品を申し出ましたが
「コメントなしで購入したあなたの責任です。返品は受けつけません」と
出品者から断られました。

ただ、メルカリの規約では
状態表記は必須であり、実物と差がある、誤解を招く表記や商品写真は禁止されているので
その点を規約と合わせて説明して、出品者に納得してもらいました。

まだ解決しないようなら…

先ほども申し上げた通り、
企業から購入した場合は消費者センターへ、
個人同士の場合はメルカリ事務局に問い合わせましょう。

メルカリ事務局の返答はめちゃくちゃ遅いですが
対応はしてくれるので問い合わせましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする