所得(年収)ランキング上位!山梨県忍野村とは


2015年、総務省が発表した全国1741市区町村の所得資料では
1位はお決まりの「東京都港区」。その後も「あー分かるわかる」的な都市が続くのですが
13位に平均所得461万円で 山梨県忍野村(おしのむら)という村があります。
なぜ忍野村はどういった所で、なぜ所得が高いのでしょうか。

高収入な村、山梨県忍野村(おしのむら)とは

忍野村は、山梨県の南東部、富士北麓に位置しており、天然記念物である「忍野八海」があります。
優れた水景を保有する「忍野八海」は、世界遺産富士山の構成資産の一部として認定もされています。

水だけではなく山も有名で、二十曲峠(にじゅうまがりとうげ)、杓子山(しゃくしやま)、石割山(いしわりやま)など素晴らしい山々に囲まれている村です。

高所得とは逆をいっているような忍野村が、なぜ高所得なのでしょうか???

スポンサーリンク

世界4大産業用ロボットメーカーFANUC(ファナック)の拠点だから

ご存知の方も多いかと思いますが、FANUC(ファナック)とは、産業用ロボットメーカーで資本690億円、東証1部の上場企業です。
工作機械用NCにおいては世界シェアの約50%、国内シェアは実に70%誇っており、2011年にはTOPIX Core30銘柄の一社であり世界でも認められている超優良企業です。
ここで働く方は3000人を超え、42歳の平均年収は驚異の1500万円超え!だから忍野村の年収が高いんですねー^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする