アバクロのモデルのような胸板になれる筋トレ方法



アバクロのモデルのような胸筋に、男ならあこがれるのではないでしょうか。
女性目線では腹筋、腕に続き胸筋は第3位の人気箇所です。

自宅で外人のような胸筋は可能なのでしょうか。

自宅でモデルのような胸筋になる筋トレ方法

スポンサーリンク

胸筋の構造を理解しよう

一口に大胸筋といっても、実は3つの筋肉から成り立っています。

大胸筋の上部

大胸筋の中部(内側、外側)

大胸筋の下部

大胸筋の上部の筋トレ方法

デクラインプッシュアップと大胸筋の上部の筋トレ方法いう筋トレ方法で鍛えることができます。
1.椅子のような場所に両足を乗せ、腕立て伏せの体制になります。
2.手を肩幅よりも広めにとります。
3.この状態で腕立てをやります。

効率的に行うポイントは、腕を伸ばし切らず筋肉の負荷をかけた状態で上下運動することです。

大胸筋の中部(内側、外側)の上部の筋トレ方法

大胸筋の上部の筋トレ方法である、デクラインプッシュアップを足を上げずに行えばOKです。
これだけで負荷のかかる場所が、大胸筋上部から中部に変わります。
ただ、注意が必要なのが中部の大胸筋には外側、内側、2種類があるということです。
外側を鍛える場合は肩幅程度手を広げながら腕立て伏せをしてください。
内側を鍛える場合は、手と手の位置を近づけて腕立て伏せしてください

大胸筋の下部の筋トレ方法

ディップスと言われる筋トレ方法で、平行棒のような器具が必要になります。
1.左右のバーを握り、体を浮かした状態します。
2.腕を肘が直角になるところまで落とします。
3.直角になったら元の位置まで戻します。

体を前景にすることで、下部に集中的に負荷がかかるので、前傾姿勢で浮きましょう。

まとめ

1日おきに上部⇒中部⇒下部というローテーションで行いましょう。
負荷に関してはできるギリギリまで行い、次回のトレーニングではその回数の+1回で、どんどん負荷を上げていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする