猫がじっと見つめてくる理由とは!?


猫を飼っていると時々不思議に思うことがあります。
普段は目を合わせようともしないのに
たまに私の顔をじっと見つめてくる時があるのです。
あまりにも熱視線?を送られるのでなんか悪い事したかな?と思ってしまう位(笑)
猫が飼い主をじっと見つめてくる理由とは?
その時猫は何を考えているのかを解説します!

猫が飼い主をじっと見つめてくる理由

基本的に猫が目を合わせて見つめてくるというのは威嚇の表れ。
野良猫同士がじーっと見つめ合っていたら喧嘩の最中なので近寄らないようにしましょう。

しかし飼い猫が飼い主を見つめる場合は少し違います。
人間と生活する事を覚えた猫はコミュニケーションを図ろうと見つめている場合が多いです。
飼い主をじっと見つめている時は「お願いがあります〜!」と何かを要求している時。
一緒に住んでいる期間が長ければ長いほど何を考えているかわかってくるものです。

スポンサーリンク

猫が見つめてきたらどんなお願いをしているのか考える

飼い猫が見つめてきたら何をお願いしに来たんだろうと考えてみましょう。
たいていの場合は

  • お腹が空いたよ
  • 遊んでよ
  • 暇だから構ってよ
  • トイレ掃除してよ
  • ドアを開けてよ


などなど要求(不満)や甘えである場合がほとんど。
じっと見つめられたら何をしてほしいのかな?と考え
猫の要求に沿った対応をしてあげると絆が深まりますよ!

飼い猫にじっと見つめられるのは愛の熱視線かも!?

特に要求は無さそうなのにじっと見つめてくる・・
そんな場合はあなたに熱視線を送っているのかも。
飼い主のことが気になる、常に把握しておきたいという心理から
じっと見つめる場合もあります。
目があった時に猫が比較的ゆっくりと瞬きをした場合は
「ア・イ・シ・テ・ル」のサインかも(笑)

猫は好意を伝える手段として瞬きする方法があります。
猫に好意を送られたら飼い主も真似してゆっくりと瞬きをしてみてください!
飼い猫に愛が伝わります^^

飼い猫が飼い主をじっと見つめてくる理由は要求
愛情表現、稀に威嚇この3つが考えられます。
ただ猫はぼーっとすることも大好きなので
ぼーっとしているだけ、意味はないよ!なんて事もありますので悪しからず。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする